禁止するのではなく

2019年4月24日

 

パートナーが浮気をしてしまうのは要するに日常生活に満足していないというのが一番の理由になってくるわけですから二人で充実した毎日を過ごせるように工夫していくことはとても大切だと思います。特に日常生活の中でこれをしては駄目、あれをしては駄目という風にあまりにもルールが多い場合にはそれがストレスになってしまっている可能性が非常に高くなっていますからある程度は寛容になるということも時には必要になってくるわけです。やはり、人というのはストレスが溜まってしまうとそれを発散させたくなるのが当然ですからそうなると浮気に走ってしまうのはごく当然ということになってきます。なので、あまりにも窮屈な生活をしている場合にはもう少しゆとりのある暮らしをするべきだと言えるでしょうね。

 

ストレスというのは形として目で見ることはできないのですが人にはそれぞれストレスの許容量というのがあったりしますからその許容量を超えてしまうと普段とは違った行動を起こすようになってしまうのは避けることができないことになってきます。これは人間の自己防衛本能ですから許容量が限界に達している人に我慢しろといってもそれは不可能だということは理解しなければならないことになるわけです。そして、ストレス発散の方法として浮気に走るという事例は非常に多くなっているわけですからパートナーがストレスを溜めているなと感じた場合には早めの内に対処することがとても大切になってきます。浮気というのは言葉で禁止したとしても防ぐことは難しいため禁止するのではなくそもそも浮気という発想にならない様な生活を送るということが何よりも大切になるわけです。

ページの先頭へ戻る